はじめまして

”あなたの魅力の羽を広げるお手伝いをさせて下さい”

Peacock の 片桐 正美 です。

【自己紹介】


 18才の時に都会に憧れて茨城県より上京

上京後は、観光バスガイドとして4年間日本各地を観光いたしました。
当時バブルがはじけ始めた時でしたが、田舎者の私にはとても華やかで新鮮で、刺激的な毎日でした。

その後、百貨店(丸井)にて婦人用品、メンズ用品を担当。
ファッション業界にも足を踏み入れました。


 それから結婚、出産

下の娘が小学生になったのをキッカケに、近所のイタリアンレストランで働き始めます。飲食業も3年ほど経験し、そろそろ40代を迎えようという頃に「素敵な40代を迎えたい!!」との思いがつのり、憧れの美容業界に転職。


 美容業界での成功とターニングポイント

エステティシャン・化粧品の販売のお仕事をスタートしてからというもの、売り上げは順調、エステのお客様も増えて、充実した日々を送っていました。
そんなある日、そろそろ自分の店を持たない?と声をかけられ、全国から優秀な人材が集められる研修に参加できることになりました。
ところが、その前々日に、なんと脳幹近くに脳腫瘍が見つかりました。正に青天の霹靂…
それまでの華やかな生活が一変。11時間にも及ぶ難関中の難関の開頭手術を経てリハビリ生活に入ります。その間、今まで味わったことのない体と心の痛みと戦うことに…。


 その後、約2年間の引きこもり生活、社会復帰するまでのジレンマ、自分との戦い

その頃は自分に精一杯で、他人の事など考える余裕などありませんでしたが、次第に自分はこのままでいいのだろうか?と思うようになり、外の世界に出てみたい!出てみよう!!と第一歩を踏み出します。

後遺症により顔が変わり、人に会うのが怖くて、怖くて、人目を避けて生活しておりました。

そのため、早朝品出しのパートから始まり、その後飲食業を3年勤めたころのある日、顔タイプ診断と出会いました!

 「自分に似合うものを知るとオシャレに見える」

当時オシャレ迷子だった私は、自分に似合うものが何なのか、何が似合うのか迷走中でした。
しかし、顔タイプ診断の理論を知れば知るほど自分が自分らしくあっても良いのだと思えるようになりました。
なんでもない毎日がキラキラと輝き出したのです。私がやりたかった事はこれだったんだ!と鳥肌が立ったのです。
かつてお客様に寄り添いながら美の提案をしてきた経験を生かしてお仕事ができる事に幸せを感じております。
「顔」は個性です。その個性を発揮できるのが顔タイプ診断です。オシャレすることは人間冥利に尽きると思いませんか?外見が変わると全てが良い方向へと変わっていきます。

明日がワクワクするために今日から変わりませんか?
美しくなることに遠慮なんかいりません。
私と一緒にあなたらしさを探しませんか?
私が、あなたの魅力の羽を広げるお手伝いをさせて頂きます!


あなたが変わりたいと思った今がチャンスです!

長々とおつき合い頂き、ありがとうございました。